製造業の業務を加速させる電子機器の数々を知ろう

タイプの違い

製造業で役立てられているディスペンサーの種類は非常に多いです。
その種類の違いの代表となっているのが、液体を塗布する方式です。
空気の力を利用して、液体を定量塗布するタイプのディスペンサーもあれば、ピストンの力を利用して塗布するタイプのディスペンサーもあります。
これらの方式の違いによって、どういった事に向いているかが大きく変わります。また、タイプ毎に、適した液体も違っているのです。
製造業の現場では、接着剤の様な粘度の高い液体を塗布する事も少なくありません。
そうした場合に、適していないディスペンサーを用いてしまうと、液体が詰まってしまったりして適切な量を塗布することが出来なくなってしまう場合もあるのです。

ですから、ディスペンサーの導入を考えた場合には、どういった液体を塗布するかと、塗布する液体に適したタイプのディスペンサーを選ぶ事が必要不可欠です。
上手にディスペンサーを選択する事によって、より業務を効率化する事が出来るようになるため、それぞれのディスペンサーのタイプやタイプ毎の特徴を把握しておく事が大切です。
色々な種類のタイプが存在しているからこそ、より適したものを選ぶ事が、業務効率化を行う上で何よりも大切です。

同じタイプでも

ディスペンサーには様々なタイプが存在していますが、同じタイプの物であっても、機種によって性能が微妙に違っていたりします。
そのため、利用するタイプだけでなく、同一タイプの中でも、より適した機種を選ぶ事が大切です。

↑ PAGE TOP